リフレクソロジーだけにとどまらない、フットケア資格の専門スクールなら青山フットケアアカデミーです。
比較 checker 不安 checker 資料請求説明会  
3分でわかる!!リフレとフットケア
 
トップ
自然療法フットケアとは
シューズセラピー"
ウォーキングセラピー
リフレ・レッグアロマ
足・靴・歩行のフットケア
コース・料金表
足の専門家として活躍する
Q&A・資格認定・卒業生の声
スクール案内・サロン紹介
スクール理念

Contact
青山フットケアアカデミー(AFA)
東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティW22階

MAIL:info@aoyamafoot.jp

《個人情報に関する基本方針》

トップ本物の癒し・トータルFC/AFAの技術で対応できること【症状別】スペーサー
本物の癒し・トータルFC
1.リフレだけでない、「本物の癒し」技術とは?
2.AFAの技術で対応できること【症状別】
AFAの技術で対応できること【症状別】

「足」は、からだの中でもっとも疲れやすく、負担のかかる場所です。すでに多くの日本人の足は、トラブルを抱えた足になっています。ここでは、サロンでよく相談をお受けする症状別に、その原因とAFAの技術で対応できるケア法について、お伝えします。

はたらく女性が悩む「足のむくみ」「セルライト」
放っておくと危険!「外反母趾」「内反小趾」
靴を履く人の悩み「角質」「タコ」「魚の目」
あきらめていませんか?「膝痛」と「腰痛」
見た目だけの問題でない「O脚」「X脚」
思ったよりも原因が根深い「巻き爪」
はたらく女性が悩む「足のむくみ」「セルライト」スペーサー

【症状】
足のむくみでつらい思いをされている人、きっと多いと思います。一日中座りっぱなしや、立ちっぱなしのお仕事をされている人には、 特に多い症状なのではないでしょうか?

仕事が終わる頃、足首やふくらはぎがパンパンに張って足元がだるい。こんな思い、できればしたくないですよね。さらに女性にとってイヤなのは、むくみは足やせの大敵ということ。放っておくと、足の脂肪太りやセルライトを生む原因になります。また、疲れが抜けず体調不良の原因になることもあります。

むくんだ足で家に帰る。そしてゆっくり入浴する。一晩明けると確かにむくみは引いている。しかしまた夕方にはむくんでしまう毎日。 むくみの原因とは、いったい何なのでしょうか?

【原因】
実は「むくみ」の原因は、2つのステップで簡単に起ってしまいます。

第1ステップ 足に疲労を蓄積させる。
第2ステップ すると筋肉が硬くなり、弾力性が失われる。

「第二の心臓」といわれる足は、血液を押し上げるポンプの役割をこなしています。足には、さまざまな負担がかかりやすく、疲れやすい場所です。筋肉が疲れて硬くなるとポンプ能力が落ち込み、むくみが発生してしまうのです。

【解決法】
効果があるのは、足のふくらはぎ部分の筋肉をほぐすマッサージを施すことです。(AFAの技術名で言うと:レッグアロマトリートメント)むくみ解消には、足裏のリフレではなく「ふくらはぎ」の施術がズバリ効きます。硬くなっていた足の筋肉がほぐれてきたら、徐々にむくみの発生自体が減ってきます。セルフマッサージやストレッチングでその日のむくみを回収しておくことも重要です。

さらに自然療法フットケアの技術を使って、靴の選び方の改善、アーチサポート(インソール)、むくみにくい歩き方のマスター、 などにより、むくみ対策の効果を万全のものにすることができます。

▲TOP
放っておくと危険!「外反母趾」「内反小趾」

【症状】
最近、女性の足に「外反母趾(がいはんぼし)」といわれる症状が多発しています。また、子供や若い世代には「内反小趾(ないはんしょうし)」も増えています。

症状としては足の親指(母趾といいます)の付け根が足の外側に押し出されて、“くの字”型に足が変形している状態をいいます。(内反小趾はその逆)

初期段階では痛みを伴わない場合も多いので放置しがちですが、放っておいて自然に治ることは決してありません。そして、徐々に曲がりが大きくなると、靴を履いて外出するたびに、頭へ突き抜けるような激痛を感じるようになります。

また足元が不安定になっていくので、膝や腰、さらに背骨へと負担がかかり、からだ全体のゆがみを起こす可能性があり、血液循環も悪くなることから、足に老廃物がたまりやすく、体調不良を感じる方が多いようです。

【原因】
では外反母趾(内反小趾)はどうして起こるのでしょうか?原因は少し複雑ですが、

扁平足、開張足といった足裏アーチが低下していること
弱い足であるコンニャク足の人が増加したこと
路面が舗装されて硬くなったこと
パンプスやミュール、サンダルのような衝撃吸収性のない靴
ハイヒール、ピンヒール、シャンクのゆがむ靴
歩き方に特定のゆがみのパターンがうまれること

などが複合して起こっているのです。そしていったん曲がり始めるとどんどん曲がりやすくなる傾向があるため、気がついたら、すぐに原因を取り除くようなケアを始めることです。

【解決法】
AFAの技術で対応できる、具体的ケアの方法としては

外反母趾(内反小趾)を助長しそうな靴を日常から排除する
たてアーチを靴のインソールから人工的にサポートする
よこアーチと母趾の曲がりをテーピングで正しい状態に補正する
足裏で負担が重くなっている部分を衝撃吸収材で保護する
硬くなった足裏、ふくらはぎをほぐして柔軟性を回復する
外反母趾(内反小趾)の進行を止める歩行矯正パッドを使う
歩き方のゆがみを矯正し、正しいフォームをレッスンする
趾の付け根の関節を手でまわすなどの運動を自宅でする

以上のような対策を、お客様にアドバイスを行いながら、総合的にサポートしてあげることで解決していけるのです。

▲TOP
靴を履く人の悩み「角質」「タコ」「魚の目」スペーサー

【症状】
いつの頃からか、足の裏にくっついて離れない角質・タコ・魚の目。お風呂上がりに自分で削っても結局はまた再発する、そんな経験はありませんか?もう治らないかな、とあきらめている女性もかなり多いと思います。

歩くたびに痛むようなら、かなりつらいですね。実は、痛まなくてもタコのできている部分には大きなストレスがかかっています。タコ・魚の目は足のSOSサインだということに気づいてあげましょう。

【原因】
足裏の狭い部分に、毎日のように圧力が加わると、防御反応としてその部分の皮膚が厚くなっていきます。「角質」とは、その部分の皮膚細胞が死んだ「カス」のことです。そして角質がもっとガンコな状態になったのが「タコ」、さらに圧力がかかり続けて角質層の下に「芯」ができて神経を刺戟してしまうのが「魚の目」です。

道路が舗装されている現在、薄いソールのサンダルやハイヒールを履いたり、足の横アーチが崩れ(開張足)、足と靴のフィッティングが悪く足に衝撃が加わる、などの原因により、多くの方の足には角質・タコ・魚の目ができています。

角質層をやすりなどで削ることは対症療法に過ぎず、無くなることはありません。また削ると皮膚をガサガサに傷つけ、むしろますます硬くなってしまいます。

【解決法】
AFAの技術では、角質・タコ・魚の目の原因である「過度な圧力」を排除します。

まず負担のかかる部分を特殊な衝撃吸収材で保護(靴の中底を利用)
同時に靴の選び方を改善し、足と靴のフィッティングも調整
開張足の人にはテーピングを施し、またはインソールを作成
立ち姿勢、歩き方にゆがみがあれば、矯正しておく

足裏の皮膚のリニューアルは約30日程度と考えられますので、通常は2〜3ヵ月でタコは消滅していきます。これは、AFAで学び始めた生徒さんがみな、実技実習で体験することです。魚の目まで発展して痛みがある場合でも、多くの場合はこの方法で対応でき、痛みを消すことができます。

ただし、魚の目の痛みが慢性化していると対処できないケースもあります。なぜなら魚の目の芯が深すぎて、自然療法では治せない場合があるからです。その場合は、皮膚科の医院に相談して処置してもらうことになります。

▲TOP
あきらめていませんか?「膝痛」と「腰痛」スペーサー

【症状】
膝が痛い、腰が重い・痛い、といった症状はなった人にしかわからない、毎日が憂鬱になるような症状です。

膝痛では、日本人に圧倒的に多いのが「変形性膝関節症」です。膝の関節は、上下ふたつの大きな骨どうしが直接ぶつからないように、 やわらかい軟骨で間を埋めてクッションの役割を持たせています。ところが膝の関節を間違った使い方で使い続けると、膝の軟骨がすり減り、ついには骨と骨が直接ぶつかるような状態になって痛みが発生します。その頃までに、膝関節はギクシャクしたりガクガクした状態になっています。

腰痛の場合は、足もとから来るのは腰に張りがあったり、重さ、だるさ、そしてO脚を伴ったりするもので、腰の位置が左右でズレていたりします。整体治療で腰のズレを調整してもらっても、数日でまた元に戻ってしまいます。

【原因】
「膝痛」と「腰痛」の原因は、「足の問題」「靴の問題」「歩行の問題」にあります。
足裏3点アーチの低下やコンニャク足、ハイヒール、ピンヒール、シャンクのゆがむ靴、クッション性の悪い薄いソールの靴、脚の筋肉の疲労蓄積、足の指を使わない歩き方、などから歩行が不安定となり、膝や腰に余分な負担をかけているのが原因となります。

【解決法】
AFAの技術で対応するには、このような解決法になります。

足の疲れとコリを取り除き、歩きやすくするトリートメントを施す
たてアーチを靴のインソールから人工的にサポートする
よこアーチをテーピングで正しい形に補正する
足裏で負担が重くなっている部分を衝撃吸収材で保護する
膝や腰に負担となる体重のかかり方を靴のインソールで軽減する
歩き方のゆがみを矯正し、正しいフォームをレッスンする

以上のようなケアを順序よく施し「足の問題」「靴の問題」「歩行の問題」をトータルに軽減していけば、かならず良い結果が得られるはずです。整体などの施術と併用して足からのケアを行うのも、たいへん効果的です。

▲TOP
見た目だけの問題でない「O脚」「X脚」スペーサー

【症状】
自分の脚に自信がない人は、とても多いと思います。美しい脚を目指すなら、O脚・X脚はどうにかしたい、と思うのは当然です。

ただし、このO脚・X脚、実は見た目だけの問題ではないのです。O脚・X脚になるということは、膝や腰の関節に余計な負担がかかっています。するといずれは膝痛、腰痛を引き起こす、などの問題を含んでいるからです。

【原因】
O脚・X脚の原因は、やはり「足の問題」「靴の問題」「歩行の問題」にあります。扁平足、開張足などの足裏3点アーチの低下やピンヒール、シャンクのゆがむ靴、脚の筋肉の疲れ、などから筋肉や関節の使い方が少しずつおかしくなっていきます。それが積み重なっていく内に、脚のカタチが「O」や「X」になってしまうのです。日常生活の「足・靴・歩行」のマネジメントが、もっとも重要と言えます。

【解決法】
AFAの技術で対応すると、このような解決法になります。

扁平足、開張足を、インソールおよびテーピングで人工的にサポート
O脚・X脚にならないような靴を選んで、足に合わせて調整する
レッグアロマトリートメントで、脚全体の筋肉をほぐして柔軟に
歩き方のゆがみの矯正と正しい筋肉・関節の使い方をレッスン
レッグアロマとウォーキングをくり返す(ゆるめる、しめるのサイクル)

以上のプログラムをきちんと進めていくと、筋肉のバランスが整ってきます。結果、関節と骨格が正しい位置に戻り、O脚・X脚の改善がみられるはずです。同時に冷え性や膝痛、腰痛、アレルギー症状なども改善することになるでしょう。

自然療法によるケアにはO脚・X脚の場合、数ヶ月単位の時間が必要です。即効性のある手技と違って時間はかかりますが、その分リバウンドしません。すぐに効果があるかもしれないけれど維持するのがむずかしい、という方法と、時間はかかるけれども原因から根本的に直っていく、という方法の違いです。

O脚・X脚をケアしながら、毎日の足・靴・歩行の問題も解決していける、自然療法の解決策の方が、総合的にメリットが大きいと思いませんか?

▲TOP
思ったよりも原因が根深い「巻き爪」
スペーサー

【症状】
巻き爪はサンダルやミュールの季節になると気になる、趾の爪のトラブルです。本来なら真直ぐ伸びる母趾の爪が、前に伸びることができなくなり、爪が横方向へ”巻いて”成長してしまい、痛みを伴うような状態を言います。

【原因】
巻き爪の原因は意外に根が深く、「足」「靴」「歩行」の問題を含んでいます。

前側のアーチがつぶれて開張足になっている
足のゆびの中で、母趾がいちばん長い
足と靴のサイズがあっていない、前すべりする
日常履く靴の先が細い、ヒールが高い、安定性が悪い
歩き方が悪く、母趾方向に体重がかかりすぎている

などの問題が、日常の歩行で複合的に起きているのが原因です。

【解決法】
一般には「形状記憶合金による対象療法」が普及しつつあります。しかし、治るのに結構時間がかかるようですし、再発のおそれもあります。

AFAの自然療法フットケアでは、
巻き爪を促進しないような靴えらびのサポート
母趾を圧迫しないように足と靴のフィッティングを調整
インソール、テーピングで開張足のディメリットを軽減
歩き方を調整し、母趾に圧迫が加わる体重移動を改善

少し気長な方法になりますが、巻き爪の原因を取り去り、時間をおくことで、自然治癒力によって必ず回復していくはずです。
そして、お客さまが抱える他のトラブルも同時に改善していくこと、これがAFAの技術によるケアポリシーです。

以上、AFAの3つの技術による代表的な症状別のケア法について、ポイントをわかりやすく解説しました。AFAの技術は、マスターすれば「自分の足から直せる」のが特徴です。
足のトラブルを抱えている方も、ぜひ、あきらめることなく、自然療法によるトータルフットケアを試していただきたいと思います。

▲TOP
スペーサー
トータルフットケアとアンチエイジング スペーサー

身体の不調・老化現像はすべて足から?

足を癒し、トラブルを根本解決していくことは、全身を癒し、きれいで若々しいからだに磨く効果があります。
そんなアンチエイジングの効果もお客さまから期待され、足から生活の質(QOL)を高めるお手伝いをしています。
元気ハツラツでないと、結局やりたいこともできません。足のケアをとおしてアンチエイジングをすべての人に!
これが、青山フットケアアカデミーの技術の目標です。

--AFA3つの技術のアンチエイジング効果--

AFAの3つの技術

▲TOP
青山フットケアアカデミーTOP | 資料請求・説明会日程 | スクール案内 |
スペーサー
コピーライトライン